京都竹カフェ|イベント報告

京都竹カフェ 放置竹林対策にかかるプラットフォーム

header竹.jpg
headerh2-6.jpg

navilink2.pngnavilink2.pngnavimg2.pngnavilink1.pngnavilink1.pngnavimg4.pngnavilink5.pngnavilink5.pngnavimg6.pngかわら版.pngかわら版.pngnavimg8.pngnavimg1.pngnavilink3.pngnavilink3.pngnavimg3.pngnavilink4.pngnavilink4.pngnavimg5.pngnavilink6.pngnavilink6.pngnavimg7.pngnavilink8.pngnavilink8.png


HOME > イベント報告 「自然に育まれた生活と文化を創る?竹素材の優しさと安らぎ?」

2011年3月3日(木) 「自然に育まれた生活と文化を創る?竹素材の優しさと安らぎ?」
「自然に育まれた生活と文化を創る?竹素材の優しさと安らぎ?」

講師 東洋竹工株式会社 代表取締役 大塚正洋さん

「京都竹カフェリレー講演会」は、竹の文化の造詣に深い講師をお招きし、「京都の伝統文化と竹」を切り口にして身の周りにある(あった?)竹について皆さんと一緒に考える機会として、3回シリーズで開催されました。

第2回目は、伝統的な茶花書道用具の製造・販売から、竹を使ったハイテク関連商品や現代的インテリアなどの新たな用途の開発まで、幅広く活躍されている京都の竹専門の製造卸問屋の老舗、東洋竹工株式会社の代表、大塚さんのお話です。竹をテーマに様々な話題を持って来ていただきました。

まずは、竹を編んだ「竹篭ボディ」を持った電気自動車「BANGOO」の紹介。素材が100%竹という究極の地産地消といえるこの自動車は、京都大学と京都の企業、研究所と京都市との産官学連携から生まれました。東洋竹工さんは車体の制作を担当し、竹のヒゴ約900本を職人さんが一ヶ月かけて編み上げたとのこと。この車体は、編める素材なら何でも使って制作が可能だとの事。街で走れば注目度は抜群です!

次に、遺跡から発掘された最古の竹製品についてのお話。青森の是川遺跡から出土した藍胎(割いた竹の皮を編んだ篭のこと)が最古といわれているようです。工芸的に優れており、縄文期の技術を代表する遺物といわれているとか…。

お次は伝統行事のお話。えべっさんの笹(竹)、鞍馬の竹伐り、奈良東大寺のお水取りの松明など…全国で竹を使った行事は869箇所もあります。日本の精神性と竹がいかに近いかを示していますね。

次は、伝産法指定産地について。昭和49年に制定された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」により、後退の一途であった伝統工芸の振興が図られました。竹製品に関しては、静岡県の千筋細工や奈良県高山の茶筅(国内供給量の95%を占めるとか!)、岡山県勝山の竹細工や大分県別府の竹細工などがあり、それぞれで竹工芸の素晴らしい技術の保全に努めています。そんな中、「京都も世界から忘れられないように指定を受ける必要がある」と大塚さん。竹製品は同じ様でも全国各地それぞれで形状・呼び名も違い、工芸品の製作に使う道具も様々。その多様性こそ継承していくべきなんですね。

京都の竹工芸は、華道・茶道とともに発展してきました。それは道具だけに留まらず、生活空間全てにおいて竹という素材が四季折々に生かされています。そんな竹の利活用について、特に「京銘竹」として使われるほんのわずかな部分以外の、京銘竹にならない部分をいかに活用するかにかかっているとのこと。

その他、竹の径の経過や竹馬の全国大会、111メートルの世界一長い筍の串焼きづくりのギネス挑戦や、究極のエコとも言える竹製自転車タクシー「竹リキシャ」http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110305000044 の紹介などをしていただきました。

 最後の締めくくりに、「放置竹林の撲滅が竹カフェの大目標、竹の大量消費に向け、知恵を結集しなければ。早くしないと竹林管理技術が伝承できません。」とのメッセージ。

 示唆に富む興味深い話題の数々と、切実な激励の言葉、大塚さん、どうもありがとうございました。

2010年度

2011年3月26.27日(土・日)

  • 竹まつり

詳細を見る

2011年3月17日(木)

  • リレー講演会 「竹が語る人との関わり」

詳細を見る

2011年3月6日(日)

  • 竹まなびツアー「竹メッセ in たき」

詳細を見る

2011年3月3日(木)

  • 「自然に育まれた生活と文化を創る?竹素材の優しさと安らぎ?」

詳細を見る

2011年2月17日(木)

  • リレー講演会 「生活文化と竹との関わり」

詳細を見る

2010年12月4日(土)

  • 竹まなびツアー

詳細を見る