京都竹カフェ|イベント報告

京都竹カフェ 放置竹林対策にかかるプラットフォーム

header竹.jpg
headerh2-6.jpg

navilink2.pngnavilink2.pngnavimg2.pngnavilink1.pngnavilink1.pngnavimg4.pngnavilink5.pngnavilink5.pngnavimg6.pngかわら版.pngかわら版.pngnavimg8.pngnavimg1.pngnavilink3.pngnavilink3.pngnavimg3.pngnavilink4.pngnavilink4.pngnavimg5.pngnavilink6.pngnavilink6.pngnavimg7.pngnavilink8.pngnavilink8.png


HOME > イベント報告 リレー講演会 「竹が語る人との関わり」part2

2011年10月27日 リレー講演会 「竹が語る人との関わり」part2
リレー講演会 「竹が語る人との関わり」part2
・講師: 竹文化振興協会 専門員 農学博士 渡邊政俊先生

今年3月にお招きした竹文化振興協会 専門員 農学博士 渡邊政俊先生?に再びご登場頂きました!

前回のお話しがとても興味深いものでしたので、是非にという事で今回の開催に至りました。

さて、龍谷大学教授の糸井通治先生の推論を交えながら竹取物語についてのお話しです。作者はみなさんもご存知の通り、藤原道真。5人の貴公子がかぐや姫の心を射止めようと様々な趣向の作戦に出ますが叶わず、という物語ですが、この物語は痛烈な社会風刺小説だとか。貴族社会の贅沢三昧の生活を軽やかに一刀両断にするかぐや姫、といったところでしょうか。

続いては、竹の祭事・神事について。よくお祭りなどで四方に竹を立てて紙垂?をわら縄に付けた場所がありますが、青竹内には邪気を払うということで昔から神聖な場が青竹を用いて作られているそうです。また、空洞が呪力、霊力があるとも言われているとか。そう考えると竹林の癒し効果はその力もあるのか…と少しスピリチュアルな気分にもなりますが。

続いては、竹に関する諺の数々を教えて頂きました。薮医者、破竹の勢い、薮から棒、薮蛇、変竹林、苦節十年、竹屋の火事などなど。こう見ると竹が昔から生活に根付いていた事、昔の人の観察力に頭が下がる思いがします。

藪医者の語源は出来の悪い僧侶にからんだ諺との事。竹やぶの葉がちょっとした風(風邪)でさらさらと音を立てる様子から出来た言葉だとか。どんなことがあってもどーんと腰を据えていたいものです。この語源を研究されていたのが上田弘一郎博士で、御年92歳とか。世界のDr.Bambooと称される博士はいつもハットをかぶり、背広姿で竹林にどんどん出かける方なのだとか。竹に関わる賢人はおもしろい方が多いのですね。また、竹の開花が他の植物と比べて異常ということで病気扱いされてきたのだとか。竹の花は肉眼では確認しにくい程の大きさで、一斉に枯れてしまいます。けれども竹としては単なる生理現象なのですが。そのお話しと絡んで、ハチクという竹の種類があるのですが、河村清一博士の研究によると60年の倍率をもって開花するのだとか。それをもとに計算すると来る2028年に一斉に開花枯死してしまうかもしれないのです…

そんなユーモアたっぷりのお話しの後、放置竹林と竹林拡大についてお話しを頂きました。林野庁総計面積によると2003年は79,923haと出ているのですが、ランサッド推定面積(米国の地球資源探査衛星?で調査した面積)では247,309ha。林野庁総計面積?と比較すると約3倍となっています。これほど増え続けている竹。解決作としては、「新用途開発」と「工業的活用」が有効ではないかと渡邊先生。竹材の活用の為に①竹材の安定供給(コストの低減が条件)②竹林の団地化(竹林所有者の意識改革)③竹林の有効活用(小規模産業化)が重要とのこと。やはり現代の需要に合った供給の形が竹にも求められているということなのでしょうか。

また、渡邊先生が世界各地の竹を研究されたお話しを伺いました。インドネシアの巨大な竹や、トゲだらけの竹、東南アジアの黄金の竹、シンガポールの熱帯の黒竹、仏様のお腹という意味の「大仏肚竹」、マレーシアの節間の長い竹、インドの空洞の無い木のような竹、つるのような竹…世界にはたくさんの知らせざる竹の姿がまだまだあるようです。

最後は、京都竹カフェ恒例の質問の時間です。「竹取物語の発祥の地はどこですか。」という質問に京都はもちろん、日向市(宮崎県)という説もあれば、富士山、鹿児島などなど複数ある様子で一概に言えないとの事です。なぞ多き物語ですね。

また、「竹はどのように増えるのでしょう。」という質問。中南米やインド、アフリカに多い竹ですが竹は種で遠くに飛んで行くことができない植物なので、大昔の大陸が1つだった頃に広がったのではないかとの説が有るとの事でした。

最後に、竹の減らし方についての話しでは会場からも意見が出ました。現在除草剤ならぬ除竹剤が開発中だとか。まだ国の許可が得られていない段階になり、コストも高く、竹に穴をあけてスポイドで原液をたらし込むという作業が必要と課題はあるようです。また、皆伐する時期もあるそうで梅雨が終わったものすごく暑い時期は地下根が養分を含んでいないので効率が高いのだとか。植物自身にもいろんなタイミングがあるのですね。

渡邊先生ありがとうございました!

2011年度

2012年3月20日(木)

  • 竹フォーラム

詳細を見る

2012年2月2日(木)

  • リレー講演会 「国産の竹資源化を地産地消の地域熱エネルギーで」

詳細を見る

2012年1月14日(土)

  • 2012年竹カフェ新年会

詳細を見る

2011年10月27日

  • リレー講演会 「竹が語る人との関わり」part2

詳細を見る

2011年10月8日(土)

  • 長岡京竹あそび

詳細を見る

2011年9月15日(木)

  • 竹まなびツアー

詳細を見る

2011年7月21日(木)

  • リレー講演会 「竹と森林生態系の変化と環境への影響(CO2、防災など)とあるべき姿」

詳細を見る

2010年度

2011年3月26.27日(土・日)

  • 竹まつり

詳細を見る

2011年3月17日(木)

  • リレー講演会 「竹が語る人との関わり」

詳細を見る

2011年3月6日(日)

  • 竹まなびツアー「竹メッセ in たき」

詳細を見る

2011年3月3日(木)

  • 「自然に育まれた生活と文化を創る?竹素材の優しさと安らぎ?」

詳細を見る

2011年2月17日(木)

  • リレー講演会 「生活文化と竹との関わり」

詳細を見る

2010年12月4日(土)

  • 竹まなびツアー

詳細を見る